不信任案なら「解散を進言」 自民・二階幹事長

有料会員記事

[PR]

 自民党二階俊博幹事長は29日の記者会見で、野党側が内閣不信任案を提出した場合、解散・総選挙の大義となるか問われ、「自民党幹事長としてはそうした場合に直ちに解散で立ち向かうべきだという風に(菅義偉首相に)進言をしたい」と述べ、提出を検討している野党側を牽制(けんせい)した。

 内閣不信任案をめぐっ…

この記事は有料会員記事です。残り234文字有料会員になると続きをお読みいただけます。