(けいざい+)半導体ウォーズ:2 対中リスク、米国内増産に注力

有料記事

[PR]

 米国は半導体を「武器」として使うだけでなく、「守り」も固めようとしている。

 2月24日、演壇に立つバイデン米大統領が掲げたのは小さな半導体チップだった。

 「釘一つないために蹄鉄(ていてつ)が使えなくなり、蹄鉄がないために馬も乗れなくなった……。そんな古いことわざを思い出してほしい。行き着いたの…

この記事は有料記事です。残り970文字有料会員になると続きをお読みいただけます。