(経済ファイル)三菱重工、造船所の建造部門売却

[PR]

 三菱重工業は30日、造船事業の主力拠点である香焼(こうやぎ)工場(長崎市)のうち、船の建造部門の設備・土地などを、国内造船3位の大島造船所(長崎県西海市)に売却する契約を結んだと発表した。売却時期は2023年3月ごろ。売却額は非公表だが、数十億円規模とみられる。船の修繕部門は香焼工場として残す。

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る