香港民主派排除、制度改変が決定 直接選挙枠減、全人代可決

有料会員記事

[PR]

 中国の全国人民代表大会常務委員会は30日、民主派勢力を香港政治から実質的に排除する選挙制度改変案を全会一致で可決した。立法会(議会)選で民意が反映されやすい直接選挙枠が大幅に削減され、行政長官選も政権側が認める「愛国者」以外は立候補できなくなる。中国側の法的手続きが終わり、香港民主化の歩みを止める…

この記事は有料会員記事です。残り491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。