(声)季節の便りに代えて、先輩思う

有料会員記事

[PR]

 高校教員 大西桂子(大分県 57)

 海辺にある職場まで、山あいを走る鉄路で通って4年になる。趣味は読書だ。乗車後すぐに、しおりを挟んだ本を開く。しかし、この季節は車窓の雑木や民家の庭先に、菜の花、モクレン、桃、桜と色とりどりの花が見られ、思わず本から目を上げてしまう。

 そしてこの時期になると…

この記事は有料会員記事です。残り227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。