柏崎刈羽「改善活動怠る」 「経営層の関与、不十分」 規制委断定

有料会員記事

[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)でテロ対策の不備が相次いだ問題で、原子力規制委員会は31日、東電が不正侵入を検知する設備の点検や改善活動を怠り、経営層の関与も不十分だったと断定した。同日、原子炉等規制法にもとづき、核燃料の移動を禁じる是正措置命令を東電に通知した。

 規制委によると東電は、核物質防護…

この記事は有料会員記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。