ミャンマー制裁、まとまらず 国連安保理、中ロなど反対

有料記事

[PR]

 国軍によるクーデターが起き、混乱が続くミャンマー情勢について、国連安全保障理事会は3月31日、英国の要請で非公開の協議を実施した。国軍側に制裁を科す方向で一致できるかが焦点だったが、中国とロシアなどが反対し、意見はまとまらなかった。

 安保理がミャンマーをめぐって協議するのは2月1日のクーデター発…

この記事は有料記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。