(around Stage)コロナ下の身体芸術 社会との連携、ダンスの本質

有料会員記事

[PR]

 コンテンポラリーダンスの世界がコロナ禍で、かつてなく積極的に社会との具体的な連携に挑んでいる。ワークショップの形で、創作を継続するという揺るぎのない意思を示す人も少なくない。オンラインを「新時代の舞台」ととらえ、配信を前提に表現の幅を広げる動きも活発だ。

 驚くべきは、この3月に新しいコンペが誕生…

この記事は有料会員記事です。残り1418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載around Stage

この連載の一覧を見る