(声)友に報告、原発運転差し止め判決

有料会員記事

[PR]

 農業 大内有子(福島県 62)

 「福島の皆さんの思いに報いる判決だと思う」。日本原子力発電が再稼働を目指す、東海第二原発茨城県東海村)の運転差し止めを求めた訴訟・原告団代表の大石光伸さんの言葉だ。

 東京電力福島第一原発の事故後に、避難先で命を絶った友人たちの顔が浮かぶ。提訴から9年。原告の一…

この記事は有料会員記事です。残り329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る