(声)機会は平等、夫に任せ単身赴任

有料会員記事

[PR]

 大学教員 砂川芽吹(宮城県 31)

 4月から、2歳と5歳の子どもを置いて東京に単身赴任となった。夫ではなく、私がだ。夫一人のワンオペ育児は想像を絶するものになるだろう。仕事柄、夫婦が離れて暮らすのは珍しいことではないが、保育園問題が壁となり、私が単身赴任をすることとなった。

 よく考えると、職業…

この記事は有料会員記事です。残り269文字有料会員になると続きをお読みいただけます。