(声)空き瓶を集めて稼いだ10セント

有料会員記事

[PR]

 無職 呉我愛子(沖縄県 63)

 幼少期、小遣い稼ぎのために、隣家に住む母のいとこに誕生した赤ん坊の子守をした。おんぶをしてあやすなどの世話をする。お礼はたいてい2セント。おばあちゃんがこっそり5セント渡してくれたことがある。

 当時は地区内で家造りが盛んだった。建築の節目に大工さんたちが酒盛りを…

この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る