バイデン政権、220兆円投資案 企業増税で財源、大きな政府へ コロナ下、世論追い風

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領は3月31日、8年間で2兆ドル(220兆円)超のインフラ投資案を発表した。気候変動対策などを柱に、戦前のニューディール政策に匹敵する財政出動をめざす。財源は多国籍企業への増税でまかない、富の再分配も図る計画だ。議会での調整は難航必至だが、コロナ禍を受け、米国が強力な市場介入を伴う「…

この記事は有料会員記事です。残り1111文字有料会員になると続きをお読みいただけます。