忘れられたテロリスト、思いは 映画「狼をさがして」キム・ミレ監督

有料会員記事

[PR]

 1974年、「東アジア反日武装戦線」を名乗るグループが大企業を標的に過激な爆弾闘争を開始した。9カ月後、中心メンバーが逮捕される。日本社会は彼らを「テロリスト」の一言で片付け、すぐに忘れ去ってしまった。そして半世紀近くが過ぎた今、この事件を追ったドキュメンタリー「狼(おおかみ)をさがして」が公開さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。