「空箱会社」、米で上場ブーム 合併だけが目的、でも相手企業は未定

有料会員記事

[PR]

 ほかの企業との合併のみを目的とするが、上場時には相手先すら決まっていない――。そんなペーパー企業の株式上場が、米国で空前のブームに沸いている。合併先の新興企業を手っ取り早く上場させる手段として使われ、低金利で行き場を失った投資資金が群がる。「宴」の過熱ぶりを危ぶむ見方も強まっている。

 新規株式…

この記事は有料会員記事です。残り1066文字有料会員になると続きをお読みいただけます。