半導体工場火災、復旧断念も検討 旭化成

有料会員記事

[PR]

 旭化成は2日、昨年10月に火災があった宮崎県延岡市半導体工場について、復旧断念も検討していることを明らかにした。同社は代替生産を進めているが、半導体は世界的に足りなくなっており、断念に至れば国内への供給不足の長期化につながる可能性がある。

 火災があったのは旭化成の子会社「旭化成マイクロシステム…

この記事は有料会員記事です。残り272文字有料会員になると続きをお読みいただけます。