(声)春 障子が軽やかに開く、その時

有料会員記事

[PR]

 ■みんなで語ろう 春

 主婦 千田友子(山形県 73)

 東北の冬は長くて、ひたすら寒さと雪に耐え、春を待つ生活。やっと雪がとけ、草花が芽吹き、そこまで春が来ていると感じていると、翌日は雪で冬に逆戻り。これを繰り返し、春が訪れます。

 私が春を感じるのは、「障子」です。古い我が家は冬になると、屋…

この記事は有料会員記事です。残り312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。