玉串料訴訟記録、松山地裁で発見 政教分離、違憲判決

有料会員記事

[PR]

 憲法の「政教分離」を巡り、最高裁大法廷が1997年に初の違憲判決を出した「愛媛玉串料訴訟」について、松山地裁は2日、これまで「廃棄済み」としていた訴訟記録が見つかったと発表した。地裁は、重要な訴訟記録を原則として永久に保存する「特別保存」の手続きを進める。

 地裁によると、記録庫を整理していた3月…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!