(ひと)岩崎守男さん 「樺太」の記憶保存に尽力した引き揚げ者

有料会員記事

[PR]

 釣り鐘、酒瓶、卒業証書、お札やお守り。旧日本領樺太(現ロシア・サハリン)からの引き揚げ者らでつくる全国樺太連盟(本部・東京)の理事・資料管理委員長として、会員らに呼びかけ、当時の日用品を20年近く集め続けた。

 終戦まで日本が統治した旧樺太には約40万人の日本人住民が暮らしていた。「赤いグラス」の…

この記事は有料会員記事です。残り437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。