「聖徳太子の和の心、今こそ」 法隆寺で1400回忌法要

有料会員記事

[PR]

 飛鳥時代に仏教を中心とした国造りを進めた聖徳太子(厩戸皇子〈うまやどのおうじ〉、574~622)の1400回忌法要が3日、奈良の世界遺産法隆寺で始まった。100年に1度の大法要で、新型コロナウイルス感染対策が取られるなか、約450人の招待者らがマスク姿で参列した。5日まで。

 午後0時半、法隆…

この記事は有料会員記事です。残り330文字有料会員になると続きをお読みいただけます。