(未来ノート―202Xの君へ―)バスケットボール・馬瓜エブリン 日本人になって

有料記事

[PR]

 ■心が軽くなった祖父の言葉 バスケットボール・馬瓜(まうり)エブリン

 中学1年の冬、馬瓜(まうり)エブリン(25)に人生の転機(てんき)が訪れた。年代別日本代表の合宿に初めて呼ばれた。参加したいと、すぐに返事をしたが、思わぬ壁(かべ)が立ちふさがった。国籍(こくせき)だ。

 生まれも育ちも日本で…

この記事は有料記事です。残り850文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載未来ノート―202Xの君へ―

この連載の一覧を見る