コロナ宿泊療養者、投票できず 地方選挙で続出、自治体「法改正を」

有料会員記事

[PR]

 宿泊療養中の新型コロナウイルス患者が投票できない事態が、各地の地方選挙で相次いでいる。ホテルから出られず、不在者投票などの制度も現実にそぐわないためだ。感染拡大防止との両立も難しく、今秋までにある衆院選で実質的に投票権を奪いかねないとして、自治体からは法改正を求める声が上がっている。

 11日に…

この記事は有料会員記事です。残り1671文字有料会員になると続きをお読みいただけます。