[PR]

 高校時代からずっとおなかの不調に苦しんできた医師のエマ・大辻・ピックルスさん(42)は38歳の時、難病の慢性偽性腸閉塞(へいそく)症(CIPO)の胃型と診断され、胃の大半を切除する手術をした。

 CIPOは、胃や腸などの臓器自体には食べ物の消化を妨げる閉塞が起こっていないにもかかわらず、動きが悪く…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも