[PR]

 医師のエマ・大辻・ピックルスさん(42)は38歳の時、難病の慢性偽性腸閉塞(へいそく)症(CIPO)の胃型と診断され、胃の大半を切除する手術を受けた。

 手術後は、食後におなかが大きく膨れたり、痛くなったりすることもなくなった。食べることが楽しくなり、「食べるという自由を手に入れた」とうれしかった…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも