中国の人権状況「深刻な懸念」/「一部の国」にあおられぬよう 日中外相協議

有料会員記事

[PR]

 約5カ月ぶりの直接対話となった5日夜の日中外相の電話協議は、予定を超えて約1時間半に及んだ。日本側は中国の人権状況について「深刻な懸念」を伝えたが、中国側は16日に予定される日米首脳会談を意識して、「中国に偏見を持つ一部の国にあおり立てられる」ことがないようにと求め、強く牽制(けんせい)した。

この記事は有料会員記事です。残り826文字有料会員になると続きをお読みいただけます。