(語る 人生の贈りもの)平野レミ:3 「家なき子」を預かり大家族に

会員記事

[PR]

料理愛好家・平野レミ

 ――少女のころは野生児のようでいて、恋や料理にも関心が芽生えた。どんな家庭で育った?

 父は仏文学者で詩人の平野威馬雄(1900―86)。戦前はファーブルやモーパッサンの翻訳や南方熊楠の評伝を、戦後になるとUFOやお化けの話など300冊以上の本を書き残しました。面白くて…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る