同性パートナーを無断で公表、会社側と男性和解 東京・豊島区が仲介

有料会員記事

[PR]

 本人の同意なしに会社の同僚らに同性パートナーの存在を明かされる「アウティング」の被害を受けた20代男性が6日、都内で記者会見し、会社側と和解したことを明らかにした。相談を受けた東京都豊島区の相談窓口が仲介役になった。行政が関わる窓口が当事者間の交渉を和解に導いた事例はまだ珍しいという。

 男性は2…

この記事は有料会員記事です。残り394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。