老朽原発に交付金、拡充 再稼働巡り最大25億円

有料会員記事

[PR]

 運転開始から40年を超える老朽原発の再稼働を巡り、経済産業省は6日、交付金を拡充し、1原発につき最大25億円を立地県に新たに支払う支援策を示した。老朽原発3基の再稼働への同意を議論している福井県の杉本達治知事はこの交付金を県議会に伝え、議論を進めるよう求めた。

 福井県内で関西電力が再稼働を目指す…

この記事は有料会員記事です。残り613文字有料会員になると続きをお読みいただけます。