核合意、米・イランが協議 開発制限や制裁、焦点 関係国仲介、3年ぶり

有料会員記事

[PR]

 核合意の履行をめぐって対立する米国とイランが6日、3年ぶりの交渉に臨んだ。経済制裁の解除と核開発の制限をめぐり、双方の妥結点を探る見通し。橋渡し役の欧州連合(EU)や核合意の参加国にとっても時間は限られ、緊迫が続く。

 米国はオバマ政権で核合意に関わったマレー・イラン担当特使、イランはアラグチ外…

この記事は有料会員記事です。残り1229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。