(時代の栞)「終わりなき旅」 1986年刊・井出孫六 取り残された中国残留邦人

会員記事

[PR]

国策の犠牲、帰国後も続く苦難

 中国遼寧省の鞍山は旧満州の鉄の町だ。敗戦20年後の1965年に井出孫六(1931~2020)が乗った夜汽車が鞍山の駅を発ったとき、沿道の闇から突然、「オゲンキデ……サヨウナラ」と女性の日本語が聞こえた。列車のスピードが上がり、声の主の姿ははっきり確かめられなかっ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら