介護の「節税」保険、国税警告 非課税の保険金、家族に渡せる特則「悪用」

有料会員記事

[PR]

 介護をきっかけに、税金を抑えて巨額のお金を家族らへ「お得に」移す。こんな「節税」法が広がらないように、国税庁が3月中旬、生命保険業界へ警告した。きっかけは、ある外資系生保が「生命保険商品初」と打ち出した介護保険金の受け取り法だった。(柴田秀並)

 複数の生保関係者によると、国税庁が3月中旬に開い…

この記事は有料会員記事です。残り1481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。