泡消火剤が飛散、有害物質を検出 那覇の空自基地

有料会員記事

[PR]

 航空自衛隊那覇基地(那覇市)で2月に泡消火剤が飛散する事故があり、那覇基地は7日、泡消火剤発がん性が疑われる有害物質が含まれていたと発表した。発生直後は「含まれない」と沖縄県那覇市に伝えていたが、地元紙の独自調査で含まれている可能性が指摘され、調査していた。那覇基地は県や那覇市に通知し、謝罪し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。