五輪警備の警官宿舎→コロナ療養施設転用…未利用→再び宿舎 改修+再改修で48億円

有料会員記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックで警備にあたる警察官用の東京都内の宿舎を、新型コロナウイルスに感染した人を受け入れる施設として改修したものの、利用されないまま元の状態に戻すことになった。警察庁などへの取材でわかった。改修と再改修に要した費用は計約48億円にのぼるという。

 施設の管理や運営を担っていた都は…

この記事は有料会員記事です。残り650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。