G20、課税逃れ防止へ本腰 国際ルール化 7月合意めざす 巨大IT・多国籍企業、念頭

有料会員記事

[PR]

 巨大IT企業などに対する国際課税のルールづくりが再び加速している。政権交代した米国が協調姿勢に転じ、「機運が高まった」(麻生太郎財務相)ためだ。7日の主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、今年半ばの合意をめざすことを明記した共同声明を採択した。ただ、どう実効性を持たせるかなど課…

この記事は有料会員記事です。残り1326文字有料会員になると続きをお読みいただけます。