医療費の2割負担、高齢者に不安も 370万人対象、改正案審議入り

有料記事

[PR]

 一定以上の収入がある75歳以上の高齢者を対象に病院などの窓口で支払う医療費負担を1割から2割に引き上げる関連法改正案が8日、衆院本会議で審議入りした。菅義偉首相は「若い世代の負担上昇を抑える」などと説明したが、対象の高齢者からは負担増への不安の声もあがっている。

 75歳以上の医療費は原則1割負担…

この記事は有料記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。