首都の感染爆発、防げるか まん延防止措置適用へ 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 緊急事態宣言の解除から3週間もたたないうちに、首都・東京などで宣言に準じる「まん延防止等重点措置」が適用される方向になった。都や政府は、人の移動を抑え爆発的感染を防ぎたい考えだ。専門家からは、ワクチンが行き渡るまで持ちこたえる戦略が必要との声が出る。▼1面参照

 ■関西から変異株、警戒

 東京都

この記事は有料会員記事です。残り2191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら