血栓「ワクチンの副反応」 アストラゼネカ製、EU専門機関 年齢制限拡大

有料記事

[PR]

 英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスのワクチン接種後に血栓ができる症例について、欧州連合(EU)の専門機関が7日、極めてまれだとしつつも、ワクチンの副反応だとの判断を初めて示した。60歳未満の女性に発症が多く、各国で接種を一定年齢以上に限る動きが広がっている。

 欧州医薬品庁(EMA)は、ワクチ…

この記事は有料記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!