ウォール街も働き方改革 「激務だけど高収入」見直す動き

有料会員記事

[PR]

 「激務だけど高収入」で知られる米国の大手金融機関で、コロナ禍をきっかけに働き方を見直す動きが広がっている。若手従業員から長時間労働への不満や精神的なストレスを訴える声があがり、経営トップが改善策を表明した。ウォール街働き方改革は根づくのか。

 米国では昨春以降、コロナ禍でテレワークが広がった。米…

この記事は有料会員記事です。残り593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。