(時時刻刻)重点措置、読めぬ効果 変異株、若年層も重症リスク

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの変異株が関西圏で猛威を振るう中、緊急事態宣言に準じる「まん延防止等重点措置」が東京、京都、沖縄の3都府県に適用されることが9日、決まった。これにより対象地域は6都府県に拡大するが、果たしてどこまで抑え込めるのか。▼1面参照

 「変異株の脅威を考えると、大都市間の人流抑制が重要…

この記事は有料会員記事です。残り2052文字有料会員になると続きをお読みいただけます。