(新型コロナ)窓開け・エアコン、車内の飛沫に効果 富岳で計算、マスクも推奨

有料会員記事

[PR]

 車内の新型コロナウイルス対策をどうするか。理化学研究所などのチームはバスやタクシー、救急車内で、しぶき(飛沫〈ひまつ〉)がどう広がるか、スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」で計算した。エアコンや窓開け、換気扇はどう使えば効果的なのか。マイカーでのドライブにも参考になりそうだ。(杉浦奈実)

 …

この記事は有料会員記事です。残り2770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。