辺野古移設、日米かたくな 中国意識、同盟強化を優先

有料会員記事

[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の返還がなされないまま25年がたつ。日米両政府は沖縄の声に耳をふさぎ、現行の移設計画で突き進む。戦略環境の変化に、その姿勢はさらにかたくなさを増している。▼1面参照

 東京都港区の飯倉公館で3月16日に開かれた日米外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)。岸信夫防衛…

この記事は有料会員記事です。残り3319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。