気候変動対策の増額求める バイデン政権、予算要望を提出

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領は9日、2022会計年度(21年10月~22年9月)の予算のうち「裁量的経費」に関する予算要望を米議会に提出した。政権の優先順位を反映して毎年度決める経費で、前政権が消極的だった気候変動対策や、半導体など先端技術の研究支援に手厚い予算配分を求めた。

 裁量的経費約1・5兆ドル(16…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。