名古屋市長選、きょう告示 リコール署名問題など争点

[PR]

 名古屋市長選は11日告示される。4期目をめざす河村たかし氏(72)=減税日本推薦=、元市議の横井利明氏(59)=自民、立憲民主、公明、国民民主推薦=の事実上の一騎打ちの様相だ。河村氏は、偽造事件に発展した大村秀章愛知県知事へのリコール署名を支援した責任を問われており、新型コロナウイルス禍での経済対策なども争点だ。25日に投開票される。

 リコール署名問題について、河村氏は「不正に気づかなかったことは申し訳ない」と陳謝し、署名偽造には関わっていないと説明。「選挙とは関係ない」との姿勢を見せていたが、独自調査の「中間報告」や、公約に「徹底的に真相究明」と盛り込んで説明責任への対応をアピールする。

 横井氏は「国民固有の権利の直接請求制度が侵害された大事件。河村氏には道義的責任がある」と迫る。また河村氏と大村氏が関係修復不能となった現状を「県市の連携が完全に壊れ、市のコロナ病床が逼迫(ひっぱく)しても県に要請できない」と新型コロナ対応への影響も絡めて批判する。横井氏には共産、社民両党県組織も自主的支援にまわる。(関謙次)