世界の中国絵画を追跡、総合図録の三編完結

有料記事

[PR]

 全世界に散らばり、所蔵されている中国絵画。その作品群の所在を追跡し、写真を収録した『中国絵画総合図録』の最新編にあたる「三編」(全6巻、小川裕充・板倉聖哲編、東京大学出版会)が先頃完結し、記念の国際シンポジウムが先月、リモートで開催された。

 東京大学東洋文化研究所の東アジア美術研究室が、国内外の…

この記事は有料記事です。残り384文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント