電力大手、カルテル容疑 営業、互いに制限か 公取委立ち入り

有料会員記事

[PR]

 事業者向けの電力供給をめぐり、互いの営業活動を制限するカルテルを結んでいる疑いがあるとして、公正取引委員会は13日、中部電力と販売子会社の中部電力ミライズ(いずれも名古屋市)、関西電力大阪市)、中国電力広島市)の4社に対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査をした。公取委がカ…

この記事は有料会員記事です。残り832文字有料会員になると続きをお読みいただけます。