近隣諸国・地域、懸念や批判 海洋放出決定

有料会員記事

[PR]

 日本政府が13日に福島第一原発の処理水を海洋放出する方針を決めたことに対し、近隣の国・地域から懸念や批判の声が上がった。▼1面参照

 台湾外交部(外務省)の欧江安報道官は13日、日本が原子力の安全管理に関して台湾と結んだ覚書に基づき、事前に処理水の海洋放出を通告してきたとした上で、「引き続きこの問…

この記事は有料会員記事です。残り338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。