米台の接触緩和、中国「断固反対」 外務省が表明

有料会員記事

[PR]

 米国務省が9日に発表した米国と台湾の当局者同士の接触規制を緩和する新たな指針について、中国外務省の趙立堅副報道局長は13日の定例会見で「『一つの中国』原則に著しく反する」として「断固とした反対」を表明。米側に対して厳正な申し入れを行ったと明らかにした。

 新たな指針に対し、中国外務省が公式に反応を…

この記事は有料会員記事です。残り8文字有料会員になると続きをお読みいただけます。