「シリア政権軍、化学兵器使用」 18年、国際機関報告

有料会員記事

[PR]

 化学兵器禁止機関(OPCW、本部・オランダ)は12日、シリアのアサド政権軍が2018年2月に同国北西部イドリブ県で塩素系の化学兵器を使ったと結論づける報告書をまとめた。政権軍の化学兵器使用を認定するのは2例目。アサド政権は一貫して関与を否定してきている。

 報告書によると、シリア空軍のヘリコプター…

この記事は有料会員記事です。残り84文字有料会員になると続きをお読みいただけます。