(現場へ!)神社本庁を考える:3 パイプを駆使し「政治活動」

会員記事

[PR]

 神社界には2人の実力者がいる。歴代最長4期目の神社本庁総長を務める田中恒清(76)と、あともう1人。神社界の政治担当、神道政治連盟(神政連)会長の打田文博(67)だ。

 昨年12月2日、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の集会が憲政記念館であった。ジャーナリスト櫻井よしこ(75)らの後、会の事…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら