(声)返信がこない親友、無事を祈る

有料会員記事

[PR]

 大学職員 掛川凜(宮城県 22)

 私の最愛の友人はミャンマー人だ。3年前、留学先の欧州で出会った。本当の姉妹のように親しくなった私たちの交流は帰国後も続き、日常の小さな幸せや悩みを打ち明けてやりとりしていた。

 でも、クーデターを境に、彼女からの返信が一変した。「よく眠れない」「昨日大学に軍が侵…

この記事は有料会員記事です。残り279文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!