「新疆産」対応悩む日本企業 「無印」「ユニクロ」中国は重要市場

有料会員記事

[PR]

 中国新疆ウイグル自治区の少数民族に対する人権侵害問題を受け、日本企業が新疆関連の取引で難しい対応を迫られている。欧米諸国は、農業や製造業で強制労働が行われていると指摘して中国を制裁する一方、中国側は反論。なかでも衣料品ブランドは、批判リスクを背負って新疆綿を使い続けるか、取引をやめて中国で不買運動

この記事は有料会員記事です。残り960文字有料会員になると続きをお読みいただけます。